2012/101234567891011121314151617181920212223242526272829302012/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー
お久しぶりです。


今年は、ほんとブログやってない。
キャンプばーっかり行ってるしねー(笑


さて、どうして突然ブログを書いているのかと言いますと…

今日はハプニング続出だったから。


おやっさんが夕方帰ってきて、あぽやんを抱っこすると
小さな声で
「きゅー」
と言った。

また、大げさな感じなのか?
なんて思ったのだけど、何気におけつをみたら、

あらま

また肛門腺ばーーーーーーーーーーん
になりかけている。

今年頭に肛門腺を爆破させてから
気を付けていても、ばーんとなりやすくなっているらしく
肛門の横がこんもりしてることが多くなった。

今回はこんもりどころではない。
もう薄皮一枚って感じ。

うーーーーーーーーーん

爆破させてからの治療がいいのか、今のがいいのか…
悩ましいが、とりあえず連れていくことに。

医師に聞くと、ばーんとなってからでも薄皮一枚でも
結局中を洗浄しないといけないので
あんまり変わりませんが
少しでもアポロ君が痛いのを長引かせない方が
アポロ君的には楽かと思いますので
早く連れてきてもらった方がいいかもですね。

ってことだった。

1-2mmの穴を開けられ、中を洗浄。

待合室で待っていると、
「きゃーーーーーーーー!!!!!!!!!!」
ってあぽやんの悲鳴。

ごめんよー

肛門腺を取り除くって手もあるようだけど、
なるべくならそのままの方がいいしなー。
医師も様子見もありだといってるし、

良くも悪くもあぽやんは、傷の治りが尋常ではないくらい早い。
毎回びっくりされるのだ。

ってのに、ちょっと甘えてしまってはいるのだが…
ま、様子見だなぁ…



そんなこんなで、帰宅しギャング達のごはん。
てんやわんやだったので、今夜は外食ー♪なんて
それにかこつけてみたり(笑

どこ行く?
何食べる?
なんて言いながら、家の横のバス通りを渡ろうと
クルマの往来を見ていたら…

右側で どんっっと聞こえた。

けっこうでっかい音がしたが、ぶつかってるクルマもない。


おやっさんに、
「なんかぶつかったよなぁ」
なんて言ってたら、右側からよろよろと白い車が走ってきた。

なんだ?このよろよろ感…
ちょうどさっきのニュースで、祇園の暴走車の運転手はてんかんで…
とかやってたので、まさかなーなんて思いながら
車を覗き込むと、運転席に座っている人が、助手席に倒れている。


「!!!!!!!」


あれよあれよという間に、センターラインを越えて
反対車線を走ってきた車に向かって進んでいる。

とっさに車捕まえんと!!
なんて思って走って行ったが、
どんっ!とぶつかった。

ぶつかられた車は、きっと必死でブレーキを踏んでいたのだろう。
きゅきゅきゅきゅっっと車が滑る音がしている。

早くブレーキ踏まんとあかん
とりあえず車捕まえんと!!

と追いかけたけど、ぶつかっていた車をかわし、歩道に向かっている。


ぶぉぉぉぉとエンジン音もしている。


歩道脇のポールを何本かなぎ倒し、電柱にぶつかった。


きゃーーーーーーーーーっっっっ!!!!!!!!
誰かの悲鳴が聞こえた。


早く警察に電話しやんと。

おやっさんには救急車に電話してー!と叫び、110番通報。


電話したらすぐにつながったが、このおっさんが以外とのんき。
ちょっと笑いそうになってもた(笑

なにから聞きましょうかね?
って感じやったので、
「とりあえず住所からでいいですか?」
なんてやりとりがあり、聞かれることに答えていった。


中の人はどんな感じですか?

と言われたので見てみたら、いない。


はぁぁぁぁ????


ちょっとパニくっていたので、ドアを開けるってことをしてなかった(爆

通りすがりのおっちゃんが、ひょいとドアを開けてくれ、
中をのぞいたが、エアバック爆破してて、くっせー!!
きっとこの下にいてるのだろう?しってるぜー

けど、急に怖くなって、エアバックをどかすことができなかった。

そしたら、誰かがどけてくれて(おやっさんやったのかも?)
下におっちゃんがいてるのを発見。

初めピクリとも動かなかったので、それはそれは恐ろしかったけど
しばらくすると、おやっさんが
「息してるわ」
って言っていた。

通りすがりのおっちゃんも、おやっさんも、あたしも
「大丈夫ですかーーーーーー!!!」
って声を掛けたが、反応なし。

初めはアドレナリンで、怖くもなんともなかったけど
だんだん怖くなってきた。
何が怖いのだかわからんけど…

電話を切ってしばらくしたらパトカーがきた。
そしてすぐに救急隊からの電話。

今の状況を伝えると、もうすぐ着くので待ってて下さいね。
とのこと。

このころ、事故を起こしたおっちゃんは
「う~ん う~ん」
と苦しそうに声をだしていた。

初めに息をしてるのを見た時、
この人を動かした方がいいのかどうか悩んだの。
おやっさんも、出したげた方がいいのかなぁ・・
なんて言っていたが、何で倒れこんでいるのかが分からない以上
あんまり動かさん方がいいんとちゃう?
ってことで、そのままにしていた。

ほんとはどうしたらいいのだろうねー。

しばらく待っていると救急車もきた。

どうやらどこぞが挟まってしまって、外には出しにくいみたい。

警察官に事情を話しているうちに、たんかに乗せられていた。


顔がぱんぱんに腫れていた。
打ったからなのか、なにか弊害でそうなっているのか…
とりあえず生きている。

よかった…


あんな間近で、事故に遭遇したことは初めてだった。

電話をしたり、事情を聴かれたりが終わって
一段落した時、ふと回りをみると
携帯で、写真を撮ってる人が多かった。

どっかにつぶやくのかね。

そして、意外と多いのが、
車を間近で覗き込む人。

何をするでもない。
ただ覗き込んでる。

遠巻きのヤジ馬はわかるけど・・
そんな間近でみますかね。

たくさん人がいる所では、だれも助けの手を出さない
って良く聞くけど、まさしくそれなんだろうなー。

あたしだって、あんなに目の当たりにしてなかったら
傍観者だっただろうし。


なんてことを、ぼんやり考えていた。



さっきも警察から電話があり、おやっさんが対応していた。

初めきたおまわりさんが、
「飲んでんのとちゃうか?」
なんて言っていたが、酒の匂いはしてなかったよねー
なんて話していた。

事故のおっちゃんのことを聞くと、
どうやら何かしら病気を持っていたっぽい。
現在治療中で、警察も事情聴取できないそうだ。

なにはともあれ、大けがの人や、亡くなった人がいないでよかった。
派手な割に、被害も少なそうだし。
(とはいえ、ぶつかられた車は、ぼろぼろになってたけど)

たまたま歩道に人がいなかったからよかったけど
誰かいたら、たいへんなことになっていたかもしれない。



ほんと、今日はなんだい。

誰か、ハプニング大賞くださいな。
もちろん金一封付きで(爆



なんだか急に寒くなってきましたが、
みなさま、風邪にはご注意を!


ではでは、次はいつのことやら(笑
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。