上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も育児をがんばっている、風です。
20100731 (9)

寝像の悪いちびっこギャングたち(笑
20100731 (6)
20100731 (8)

あっちへごろごろ、こっちへごろごろしてるのを集めまくり
暇ができると、ちびっこギャングたちの身体をなめまわし、
お世話に余念がありません。
おかげでちびっこギャングたちは、いつも綺麗です。
ちょっとお尻がきちゃない時もありましたが、すぐにぴかぴかになってました♪

丸1日経過し、ちょっと余裕が出てきたのか、
ちょっと外に出たそうだったので、ケージから出してみました。
喜んで駆けつけるロキアポ。
いっつも一緒にいた風が、そばにいなくって淋しかったのか…
必要以上にがぶりよって怒られてましたが、以前のギャングたちのようで
見ていてちょっと嬉しかったです♪

とはいえ…
「ぴゃ~!」
って声が聞こえた途端、ケージに駆け寄ってくる、風すけ。

早くいれて~!!!
20100731 (2)

どうでしょ?
ずいぶんすっきりした身体に戻ったでしょ?
もう、カバなんて言わせない!!!
20100731 (3)
もっとげっそりした感じになるかと思ってましたが、
そうでもなく、ご飯の量も間違ってなかったのだなぁ…
と少し安心しました。

この時までは…

今日はカンタ家と華琉家が、遊びにきてくれるとのこと。
お昼すぎに来られるって事だったので、お昼前からお片づけでばたばたしていたら…

風が、うんうん。それもかなり酷い感じ。
おまけに吐きだした。

う~ん。
どうしたのか???
様子を見ていたが、ちょっと酷い感じになってきた。

とはいえ、顔つきはしっかりしているし、ふらふらした感じはない。

一応病院に電話。
今朝は普通にご飯を食べたこと。
食べてから1時間以上は経ってから下痢&嘔吐していること。
胎盤を食べた事。
ずいぶん吐いて、下痢をしたので、もうおなかの中には何も残ってなさそうな事。
を告げた。

まだ2日目。
体調が戻りきってないだろう。
今すぐ病院に連れていくべきなのか、これは出産後の過程なのか
判断できなかったのだ。

電話で対応してくれた医師は、夕方まで様子を見て、
それまでに嘔吐や下痢があるようなら、連れてきてもらった方がよい。
痙攣があるのなら、低カルシウム症の可能性がある。
朦朧としていないなら、緊急に対処しなければならない事はない。
とのこと。

低カルシウム症??
急いでネットで検索。
『おっぱいをあげることにより、血中カルシウムが急激に下がる事により痙攣。
小型犬には多い症状。』
らしい。
この時は震えている感じではなかった。

そうこうしているうちに、カンタ家が到着。
カンタママが「風ちゃ~ん♪」なんて声をかけてくれたら、
ケージごしにたってご機嫌にご挨拶。
しばらく嘔吐も下痢もしていない。
出す物を出してすっきりしたのかも…
なんて思っていた。

なんやかんや話しつつ、ちびっこギャングたちを触っていただいて、
時間は過ぎていった。

もう大丈夫かなぁ?
なんて思っていたら、もの凄い嘔吐。
あんなに吐いているのを見た事がない。
全身の力を込めて、胃からではなく腸からはいているのか?という勢い。
下痢も出る物がないのか、おならとともに液体が飛び散っている。

そんな状態なのに、風はちびっこギャングが「ぴゃ~」と鳴くと
お産箱をのぞき込み、いったん帰ろうとしている。
けど、吐き気があるので、帰るのを諦めトイレに戻って吐いていた。
吐き気がおさまると、子供たちのもとにもどり、お世話をしている。
そこまでして…
と絶句だったが、これは緊急事態だ。
下痢も酷過ぎたのだろう、血が出ている。
しかし、鮮血なので、奥から出ている物ではない。
ただれて切れてしまったのか?
よく見ると脚が震えている。
痙攣なのか震えなのだかわからないが、病院に連れて行く事に決めた。
産後すぐだし、抵抗力も落ちているかもしれない。
そんな状態で病院になんて連れて行きたくなかったのだけど…
そうも言っていられない。

しかし、病院は16時半~。
華琉家が来るのをまって、風を病院に連れて行った。

道中、何か変な物を食べていないか考えた。
いつものフード・牛皮のガム・今朝作ったカッテージチーズ一かけら。
あ。昨日のフードに、パピー用ミルクをかけたなぁ…
けど、どれもこれもこんなに酷い状態になるものではない。
嘔吐物を思い出しても、フードばかりだった。
フードがでなくなると、白い泡、そして黄色の胆汁。
その中におかしな物はなかった…

一応最後にした便を持っていった。
なにかの手がかりになるかもしれない。
嘔吐物をどうして取っておかなかったのか?
これはあたしの失敗だ。

行く途中の車の中で、うとうとする風すけ。
首ががくんとなるほど眠いらしい。
そらそうよね。寝てないもの…

病院に到着。
名前を呼ばれ診察室に。
今日は、一番今頼りにしている院長先生に診てもらう。

風を見た瞬間、一部張り過ぎているおっぱいを指摘された。
風のおっぱいは縦に5個、2列ある。
頭側から2つはあんまりちびっこギャングたちは吸いつかない。
上から2番目はかんかんに張っている。
けっこう出そうなのだが、持っていっても誰も飲まない。
そのおっぱいを指摘されたのだ。

診てもらうと、かなり熱を持っていて、乳腺炎になり掛けているとのことだった。
ぎゅ~っと搾ると、ぽたぽたお乳がでていた。
揉みほぐしてもらい、搾乳してもらうと柔らかくなった。
張っているのに飲んでもらえないおっぱいは、出してやらないといけないらしい…
一番上のおっぱいは、そんなに張ってなかったが、やはり搾っていた。
おまけに、穴がちいさいらしくうまくでないみたいだった。
なので、乳首から細い注射針を刺し、穴を広げてやるとぴゅーっと勢いよく出た。

かなり痛い処置だったのだけど、やはり声一つ上げない、風すけ。
嫌がってはいたのだけど、4個所の搾乳をがんばって耐えた。

そのおかげでかんかんに張っていたおっぱいは柔らかくなった。
これからは毎日様子を見て、搾ってくださいとの指示を受けた。

さて、ここから本題の嘔吐と下痢の話。

便を調べると、善玉菌が少なく、悪玉菌がはびこっている。
腸炎を熾している事は間違いなし。
やはり胎盤を食べてしまった事が影響しているとのこと。

院長からの出産事前説明の時、胎盤は食べさせないよう指示を受けた。
しかし、予想していなかった3頭目の胎盤を食べてしまった事による、今回の出来事。
2頭と判断し、あたしたちに伝えてしまった事の謝罪があった。

2頭と診断したのは別の医師だが、
それは院長としては謝罪しなけば行けない立場だろう。
レントゲンの画像をもう一度だし、加工し変えてみると、ばっちり3頭写っていた。

これを見逃したのは、その医師が完全に見落としていた。
今、もう一度その医師と確認したが、本人も見落としていたと認めている。
との説明を受けた。

文句の一つも言ってやりたい所だったが、
この医師は、なんかひょうひょうとした人で、
文句をたれたい気持ちをなくしてしまうタイプなのだ。
それに、どういう事であれ、基本的にわんこの出産は自宅。
そうである以上、飼い主であるあたしが管理をしないといけないこと。
全く病院側に責任がないとは思っていないが、100%の責任があるとも思ってない。

風には苦しい想いをさせてしまったが、命に関わることではなかった事は
不幸中の幸いだとおもわないといけない。
そう思う事にした。

一応、母乳をあげながらでも飲んでいい薬を処方してもらった。
そして、一気に水を飲むと、吐いてしまう可能性があるので、
少しずつ水を与える事。
ご飯は半分の量からスタートし様子を見て増やす事。
を支持してもらい、薬をもらって帰ったのだ。

せっかく来ていただいたカンタ家と華琉家にいろいろお願いし、家を飛び出した。
ほんとすみません。
今日はタコパー&チーズフォンデュ祭り。
勝手知ったるらんかるさんがいてくれたので、
「てきとーに勝手にやってて~!!!」
なんて言ったのだけど…
招いた側の人間が誰もいないってのも、おかしな状況やなぁ…
なんておやっさんと言っていた(笑

帰ると、チーズフォンデュは待っていてくれていた。
持ってきてくれていたシャンパンと合いそうだ。

改めて乾杯♪
20100731 (17)

あたしたちがいない間、ロッキーはお約束のたこ焼きをかっぱらい、
あぽやんは座ってあたし達を待っていたらしい。

診察の事を話しながら、焼いてもらったたこ焼きを食べ、
チーズフォンデュを満喫。
ギャングたちにご飯を食べさせ、風に薬を飲ませた。

しばらくすると風は爆睡していた。

もしかすると、おっぱいが痛くって眠れなかったのかもしれないなぁ…
ほんといろんな事でかわいそうな事をしてしまった。
なまじっか我慢強いので、気づいてあげれなかった。

痛かったら痛いっていうてよね…
なんて思ったけど…
それが風なんだよねぇ…
ほんとごめんね…

すやすや眠る風のおっぱいに勝手に食らいつき、飲み放題のちびっこギャング。
大変な事にならなくってよかった…

体重を計ると、大小あれど増えていた。

風の診察の時に、体重について質問したら、
「一日単位で増えていたらOK」
とのことだった。
それにできるだけ同じタイミングで計る事が大切だとも言われた。
<いつもおっぱいを飲んだ後で…とか>
タイミングは微妙だけど、少しずつ重たくなっているちびっこギャングたち。
20100731 (5)
君たちを触ると元気がでます♪
ありがとう♡

一番出遅れて、一番成長も遅いけど、僕もがんばっています!
『しゅわっち!』
20100731 (13)


お客様たちに、かわいがってもらったロキアポ。
テンション↑↑↑だったので、みなさんが帰った後、ぐっすりでした。
20100731 (18)
20100731 (19)

さっき、ふとロッキーを見ると、こんな恰好で寝てました。
20100731 (24)
もしかしたら、こんな恰好でおなかの中にいたのかしらねぇ(笑


少しずつ、鼻が黒くなり、3号も色づいてきました。
そして、一番文句垂れなのも3号です(爆
これから少しずつ個性がでてくるのでしょうね。
行く末は恐ろしそうです(爆


ちびっこギャングたちの癒しが、あなたにも届きますように♡
『ぽちっ』としてくれたら、もれなく届くかも♡
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ





スポンサーサイト
前から読んでいただいてる方はご存じでしょうが、
最終検査のレントゲンで、2頭と言われていた。

なので、2頭と思っていた。

が、実際産むと3頭だった。


ほんま、びっくりしたし、風がちゃんと産める子でなかったら
どうなっていたのだろうか…
と思うと恐ろしい(汗


ちょっと納得いかないなぁ…
と、ず~っとひっかかっていた。
どこにいてたのか???

これは前にUPしていたレントゲン写真。
20100722(7).jpg

気になったので、もう一度検証(笑

これが、レントゲンの原本
レントゲン (2)

じ~っと見ていたら…
もしやこれか?ってのを発見。
わかりやすいように、なんとなくわかる全体を濃い色。
背骨を薄い色でペイントしてみた。
レントゲン

お分かりいただけますでしょうか?


一番上の画像の緑のお尻付近と、黄色の頭付近の間に
背骨らしきものが見えています。
これが見逃されていた子供のものかと思われます。


ってかさ~。
見逃すなよな~。

なんて正直思ってます(爆


とはいいながら…
もしかしたら、交配を2回したので、1度目の時と2度目の時
別々に受精していたのかもしれません。
2度目の交配でできた子が2号だったのかも…

1度目の交配から考えると、4日遅れの出産だったので
あたしは焦っていたのですが、後から受精した子が育ってなかったので
出産にいたらなかったのかも…

それに、ブリーダーさんの話の中で
「産まれる間際だったら、骨がしっかり写ってるのですが
まだ日にちがある場合、しっかり写らないんですねぇ…
だから、レントゲンの骨の写りで、もうすぐなのか、まだ先なのかってのも
ある程度判断できるのですよ。」
と言っていた事を思い出した。

だから、しっかり写ってなかったのかも…


ほんとは、しっかり育っていた子たちは出たかったのかもしれない。
けど、遅れている子を待っていたのかなぁ…なんて……


これは単なるあたしの妄想で、実は全然違うのかも…
とも思いますが、こう考えると納得できた。
よって、これでよしとしよう(笑


育ってない事を、風は知っていたのかしら?
そうだったら、すごいな~。


あ。
このブログは、31日の朝方に書いてますが、
さっきやっと子供がいてるまま、風がご飯を食べました。
無駄になりかねない、粉ミルクをかけて…でしたけど(笑
その後、しーしーとうんうんもしました。
これで安心。

丸1日経って、風もちょっと余裕ができてきたみたいです。
多分風なりに必死だったのでしょうね。


それと…
最近話題に登っていないロキアポですが、
相変わらずロッキーは風に怒られています。

けど、そんなに気にならなくなってきたみたいです(笑

しかし、ものすごく甘えんぼになってしまいました。

かぁちゃんのお役御免なのを、知っているのでしょうかね(爆

どうしても、ちびっこギャングたちに集中してしまうので
淋しいのかもしれません。
ちょっと気をつけないとなぁ…

ごろんと寝転ぶと、ちびっこギャングが風に甘えるように
身体をくっつけてくるロキアポ。
飼い犬に対して、リーダーではなく、母親になったつもりで接してください。
って言っていた人がいていたけど、その通りなのかもしれないなぁ…
なんて思ったのでした。



レントゲン…
納得できた人もそうでない人も『ぽちっ』と一発お願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ




 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。