2008/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も海広に行っていた。
ギャング達の、日頃の運動不足を解消しなければ!!!
と思っていたからなんだけど・・・

3日続けてのラン。
もう、2歳を過ぎ、ちょっとは落ち着いてきたギャング達。
もう、疲れてきてテンションも上がらんだろう・・・
なんてたかをくくっていたのだが・・・

ランはやっぱり賑わっていた。

始め、ギャング達はまったり散策してたのだが・・・

黒い柴犬くらいの大きさの♂がランに入ってきたのだが
どうやら、かぐわしいかほりのするメンズだったらしく、
ロッキーとアポロが狂いだした。
その黒ちゃん<仮名:お名前忘れてしまった・・・>は一歳を過ぎたところらしく
相当ファンキーな子だった。

ロッキーとアポロを引き連れ、がんがんに走り倒してくれた。

しかし・・・
さすがサイトハウンドだ。
いくら小さくてもサイトハウンドだ。

一向に、はぁはぁ言わない・・・

なのに、黒ちゃん<仮名>はべろをびろ~んとだして、ハッハ言ってる。
おまけに真っ黒なので、かなり暑いはず・・・

一旦へこりキングどもを捕獲し、休憩してもらったが、
へこりキング1号2号は、恋しくてたまらないらしく、
「あぅあぅ!きゅ~ん・・・」
と、切ない声を出していた。

黒ちゃん<仮名>の飼い主さんは
「いつもは、この子がへこっているので、大丈夫ですよ♪」
なんて言ってくださったが、
あんなにぜぃぜぃ言われると、かわいそうになってしまう。

しかし、さすがヤングマン!
即走りだしたので、またへこりキングを放してやると、
また、追いかけっこが始まった・・・

大丈夫なのか・・・

どうやら、黒ちゃん<仮名>のかほりは、きょ~れつだったらしく、
ロッキーもアポロもお得意の
「へこり走り」<へこった体勢のまま、2本足で走ること>
を存分に披露していた。

かなりの笑い者になってしまったではないか・・・

おやっさんいわく・・・
「小型犬エリアの人も、たくさん覗いて、笑っていた」
らしい・・・

お恥ずかしい・・・

かなり走り込んだので、バテ気味の黒ちゃん<仮名>
パパとママの所に逃げこんだので、へこりキング1号2号を捕獲。
こそっと、風がついてきたのだが、
なんでか、風までへこりだした・・・

こんなのは初めて・・・

イタさんにへこる事はあったし、ロッキーなんてしょっちゅうへこられている。
しかし、イタ限定だった。

自分よりでっかい子には、
「あたし弱いの!」
とアピる風が・・・

なんでへこっとんねん!!!

捕獲している時に、後ろから
「あの子、女の子よねぇ?」
なんて、言っている声が聞こえてきた。

生き恥をさらしに海広に行ったようなものだ・・・

っったくよぉ!!!
スポンサーサイト
キャング達 008

昨日のオフの時の出来事・・・

アポロがトットくんにやいやい怒っている時、
ロッキーが止めに入った。

それに『いらっ』ときたアポロは、ロッキーにつっかかっていったわけでして・・・

お互いつながれていたので、
「止めようか・・・」
と思ったけれど、最近やたらと調子に乗っているアポロさん。
様子をみてみた。

いつも家で小競り合いが始まったら、できる限り放っておいている。
わんこ同士のもめ事に、なるべく首を突っ込みたくないからだ。
ギャング達の問題は、ギャング達で解決してほしい。
これは、おやっさんも同意見だったので、そうしているわけでして。

っても、ヒート時は別。
いつものギャング達ではないので、その時のもめ事だけは
人間が関与している。

初めてのヒートの時、病院送りにされてしまったアポロ。
病院送りとは言っても、致命傷ってほどではなかったけど、
怪我した部分が厄介だったから、一応手当を専門家に任せただけって感じ。

その後のヒートでも、ちょいと酷めの怪我をさせてしまった。

そんな事があったので、最近小競り合いでも、止めていた。
トラウマってやつでしょうかねwww

話が横道にそれてしまった・・・w

ロッキーもアポロもつながれていたので、動ける範囲が狭い。
どう決着をつけるのか、少々楽しみだったりもした。

お互い立ち上がり、「ぎゃいぎゃい!!」言っている。
けど、うまく動けない。

そしたら、ロッキーがアポロの後ろに、しゃっと回り込み、
へこり態勢をとっている。
アポロが唸っていたが、観念した様子。

ほぉぉぉ~~~~ん・・・
ロッキー賢いぢゃん♪

その後しばらく、
「調子にのんなよ!」
と、ロッキーはアポロにアピり続けていた。
アポロも少々不服に思いながらも、従っているようだ。

今のところ、ロッキーが相当がんばってくれているので、
ギャング達の秩序は保たれている。

何かの時には、ロッキーがきっちりアポロを止めてくれたりしてくれている。
100%ではないけど、ロッキーが間に入り、喧嘩にならなかった事もある。
まぁ、ロッキーが入らなくても喧嘩にならなかったのかもしれない。

わんこにはわんこのルールがあるようで、それは人間にはわからない。
あくまで想像だけであるのだけれど・・・
少なくとも、ギャング達をみていると、彼らなりのルール的なものが見え隠れする。

そういうのを間近で見れるのは、多頭飼いの醍醐味だなぁ・・・
なんて思ってしまう。

いろんな情報を見ていると、
「喧嘩は、必ず止めましょう」
と大々的に書いてあるものもあった。
そうされている方も多いだろう。

けどあたし的には、もしロッキーとアポロの喧嘩をずっと止め続けていたのなら
今のギャング達のように、仲良くなかったと思っている。
アポロを迎える時、獣医に相談したのだけれど、
「上下関係をつけるため、喧嘩みたいになると思いますが
それは重要なことなので、見守ってあげてください。
止めるならば、血をみてからです。
しかし、普通は血を見るまでの喧嘩なんてしません。」
と言われた。

実際、ヒート絡み以外の喧嘩は、長引かないので
ほとんど怪我なし。

なので、いらぬ小競り合いも多いんだけど、それでルールを作り、
守っていくのであれば、小競り合い大賛成♪


おまけにアポロの調子のり具合が、こましにでもなれば、言う事はないのだが・・・www
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。